ショタコン女はいかにして生きていくべきか

ショタコンとして思うことを書いていきたい。

川辺太一朗くん

ショタコンならば誰しも半ズボンのためだけに80年代の映画を見まくる時期がありますよね。

私がそれで見た中の一つに「哀しい気分でジョーク」というものがありました。ビートたけしが主演で、息子役の川辺太一朗くんが最高にかわいらしい一作です。
もちろん半ズボン、それも食い込み気味のやつと、白ハイソでバッチリと決めていて、健気にムチムチの太ももだけ露出しておりました。たぶん、太ももだけというのがそそるんだろうね。海パンとかの方が露出度は高いですが、私としては、半ズボン白ソの方が数倍魅力的に思えます。女子高生のニーソみたいなものでしょうかね。

作中で川辺くんは不治の病にかかってしまうがたけしはそれを本人に言わずにやり過ごそうとします。
しかしある時会話が聞こえてしまい自分が死ぬことを知ってしまう。でも気を使う性格の川辺くんは親を思って気づいていないふりをして、、みたいなありがちな、お涙頂戴と言ってしまえばまあそうかもしれませんが、川辺くんの少し影のある表情や、笑うとできる涙袋のかわいさ太ももの悩ましさが、本当にたまらなくて、死んでしまうラストシーンではちょっと泣いてしまいました。
川辺くん(役名は五十嵐健とかだった)は天パーだったので、ちょっとなぁ…と思っていたのですが、見終わるときには全然関係ありませんでした。

なんていうのかな、単に半ズボンがエロいだけじゃないんですよ。少年の、女の子みたいに狭い肩幅なのに、男らしさを持たなければならないみたいな、健気さっていうかいじらしさというか…

まあ一番は太ももがエロいからだろうがな。でも、たいていのヒロインだってお色気シーンあるじゃんね。ショタコンよりよっぽど変態性欲だろうが!
広告を非表示にする